結婚披露宴で新郎・新婦を紹介するときは?

結婚披露宴では、従来、司会者が、新郎・新婦を紹介しますが、今では、そのような事にこだわらず、さまざまで友人が、新郎・新婦を紹介するというパターン、新郎・新婦が自己紹介することが多くなってきました。
結婚披露宴も多様化してきたようですが、正式にスピーチで新郎・新婦を紹介するときは、新郎新婦との関係にもよりますが、基本的に良い点などを話すようにしましょう。
話ししているうちにあれも話そう、これも話そうとし、ついつい長引いてしまいます。
結局、何が話したかったのか、聞いているほうも、退屈してしまい、最後まで聞いてもらえなくなります。
もし、友人代表としで、スピーチを頼まれたのなら、学生時代のエピソードなど、テーマをひとつに絞って、スピーチするようにしましょう。
紹介を受けた新郎・新婦は、起立する必要はありませんが、紹介してくれる人のほうへしっかりと顔を向けて、スピーチの最後には、軽く頭を下げます。
もしも、職場の同僚として、スピーチすることになった場合は、新郎・新婦の仕事ぶりや人間性に触れたスピーチでもいいです。
ただし、悪い点があったとしても、良い点を強調してあげましょう。
会社の上司として、スピーチすることになったのなら、できるだけ、新郎・新婦の普段の仕事ぶりをほめるようなスピーチをします。
ここは、こうしてほしいなと思うようなことがあっても、結婚披露宴のスピーチでは、慎みましょう。
ほとんどの結婚披露宴では、司会者が、新郎・新婦を紹介しますが、仲人を立てない場合、新郎・新婦がお互いを紹介したり、友人や兄弟姉妹が紹介したりします。
最近の結婚披露宴の紹介は、オリジナリティーに富んでいて、ビデオやDVD、スライドを作成して、紹介するパターンもあります。
新郎・新婦を紹介するだけでなく、学歴や出身校から、二人の出会いや馴れ初めまで、盛り込まれています。
また、新郎・新婦、自ら自分自身を紹介するというカップルもいます。