結婚披露宴会場の選び方は?

昔、結婚式といえば、伝統的な純和風形式の結婚式も披露宴も自宅で執り行われていたそうですが、今では、ほとんど、見られない形式です。
伝統を重んじる地方では、自宅で、結婚式・披露宴を行っているところもあるようです。
婚婚披露宴会場をどこにするのかと決める前に会場になるところを事前に下見・チェックをすることが大事です。
雑誌等で見て、いい感じの会場だなと思っていても、実際に行ってみると、思ったよりも良くなかったという場合があります。
披露宴会場の建物の外観や内装をチェックすることも大事ですが、アクセスしやすい場所にあるのかなど、周辺の環境をチェックしておくのも大事です。
また、披露宴会場のサービススタッフの態度・料理なども見ておく方が良いです。
特に、スタッフの態度は重要です。
いくら、披露宴会場の雰囲気が良くてもスタッフの態度が悪いと、せっかくの結婚披露宴が、いやな思い出になってしまいます。
披露宴のスタイルもさまざまで、今は、洋風スタイルの結婚披露宴をする人が一般的です。
料理も西洋風の料理から、中華料理、立食スタイルなど。
結婚式も教会で挙げる人が増えています。
一昔前は、新郎・新婦のどちらかがキリスト教徒でなければ、教会では結婚式をあげることが出来なかったのですが、現在は、クリスチャンでなくても。
結婚式をあげることが出来ます。
和風の結婚披露宴も多いです。
昔は、自宅で座敷に座って、行われていましたが、今では、日本料理の料亭や結婚式場で行われています。
和風といっても、結婚式場の場合、いすとテーブルで料理だけ和食です。
パーティースタイルの披露宴も、若い人に人気のあるタイプです。
立食パーティーで会話も弾み堅苦しくなく、ラフな披露宴です。
席は、特に決まってないので、自由にあちこち行くことが出来て、いろんな人とのおしゃべりも楽しいです。
料理も、バラエティーに富んでいます。
魚料理、肉料理、パン、サラダ、フルーツなど、自分の好みのものを食べることが出来ます。
また、退場する時間も特に決まってないので、時間がない忙しい人にも向いています。