結婚披露宴での司会は?

結婚披露宴がスムーズに進行するのには、多くのサービス係が必要です。
結婚披露宴での司会は、披露宴を進行していく上で、とても重要な役割を担っています。
どのような披露宴にしたいのかにもよりますが、たとえば格式ばった感じの披露宴にするのか、和やかな感じの披露宴にするのかなど。
披露宴の司会を頼まれたら、結婚披露宴の司会のプロに任せるというのがありますが、会社で上司ともなれば、頼まれることもあります。
特に、初めてだと、どうしたらいいのかと迷います。
会場のスタッフとの打ち合わせは、とても大事です。
新郎・新婦のためにも思い出の残る司会をしたいものです。
そのためには、まず、結婚披露宴を、はじめから終わりまでの流れを把握し、新郎・新婦、両家の両親との打ち合わせを綿密にします。
両家の両親との意見が合わないこともあります。
そのような場合でも、上手く調整することが必要です。
結婚式場のプロの司会者なら、新郎・新婦と2・3回打ち合わせするだけで済みますが、そうでない場合は、何回も打ち合わせして、準備しなければなりません。
結婚披露宴では、普段使い慣れていない言葉がたくさん出てきます。
話すことも何回も練習します。
結婚披露宴の当日は、早めに会場へ行って、変更になったことなどないかどうか、会場の人、新郎・新婦にも確認します。
結婚披露宴のスタッフから、結婚式場の披露宴の進行表をもらい、それを元に、オリジナルのタイムテーブルをつくるのが大事です。
スケジュールの中で一番気になるのが、時間どおりに進まずに、時間が足りなくなることです。
スピーチを頼む場合でも、3・4名くらいにします。
スピーチも頼む人の名前や新郎・新婦との関係など、また、両家の両親の職業を確認しておくのも大事です。
また、招待客全員の名前の読み方を確認しておくのも大事です。
名前の読みを間違えると、ひじょうに失礼です。
正しい名前の読み方を確認しておくのは、とても大事です。