新婦さんの両親へのメッセージは?

結婚披露宴の司会者から、新郎新婦の紹介が終わり、司会者より、新婦の手紙の紹介があります。
結婚披露宴で新婦さんが 両親に渡す手紙をよみます。
両親と新婦さんの間では、感動的なシーンです。
両親との思い出は、尽きないです。
両親とだけの思い出だけでなく、いっしょに過ごした兄弟との思い出も、メッセージに盛り込むのもいいです。
これからも両親をよろしくお願いねとか、女兄弟には、女同士これからもよろしくねとか、最後になんと言っても、これからお世話になる新郎のご両親へのメッセージもお忘れなく。
メッセージを読むのもいいのですが、詩に感謝の気持ちを託すというのも、ユニークなアイデアでいいです。
感極まって、長々とした手紙では、感動が逆にさめてしまいます。
短すぎても味気ないものになってしまいます。
招待客が感動してるのを見計らって、上手く切り上げましょう。
目安としては、だいたい、3分間です。
また、新郎も両親に渡す手紙を読むと、さらに感動的です。
逆に、ご両親から新郎・新婦へメッセージを贈るというのはいかがでしょう。
新婦さん、感動で、涙間違いなしです。
スピーチでなくても、お祝いのメッセージの電報を送るというのもいいです。
手紙をオリジナルなものにして渡すと、いっそう喜ばれます。
たとえば、手すきの和紙に書いたものとか、感謝状のようにしてフレームに入れて贈るというのもいいです。
感動的な手紙にするには、最もうれしかったこと、いやだなと思ったことなどの思い出をつづると、より感動的な手紙の内容になります。
手紙の内容としては、この日を迎えられたことへの感謝の気持ちをつづり、思い出の出来事を書いた後、最後は、感謝の言葉を述べて、新郎のご両親へ、これからお世話になることへのお願いをつづります。
花束贈呈のときと同じで、このときも結婚披露宴の雰囲気が一気に悪くなります。
新婦さんによっては、涙涙で、メッセージを読んでるんでしょうけど、内容がわからなくなって、招待されたほうにしたら、感動を通り越して、○○○ムードです。