結婚披露宴でのアクセサリーは?

結婚披露宴につけていくアクセサリー選びはとても重要です。
普段つけているファッション系のアクセサリーは、避けましょう。
でも、結婚披露宴にアクセサリーをつけていくのがマナーです。
結婚披露宴のアクセサリーといえば、コサージュが一般的です。
できるだけ、上品な感じのアクセサリーをつけます。
あまりきらきらして、目立つものは、控えたほうがいいです。
結婚披露宴に一番ふさわしいアクセサリーは、真珠のネックレスとイヤリングです。
ふさわしくないアクセサリーとしては、黒真珠のネックレスや指輪です。
不吉なイメージがあるからです。
服につけるアクセサリーだけでなく、ヘアアクセサリーもつけたほうがいいです。
コサージュを髪につけたり服の胸に飾ったりするだけでも、華やかな感じが出ていいです。
コサージュは、どのような素材のものが使われているのかなど、素材選びが大切です。
リボンやレースなど、たくさん使ってつくられたコサージュは、黒い服・濃い服にきれいに映えます。
白のコサージュもそうです。
黒い服に良く合います。
黒の服に黒いコサージュもきれいです。
同系色ですが、ほんとにきれいに映えます。
また、ベロア生地で出来た上品なコサージュがありますが、質感のある布でできた服に合います。
コサージュは、いろいろな素材のものがあるので、自分の好みのものを選ぶよりも、結婚披露宴に着ていく服にあったものを選びましょう。
指輪をはめていくのもいいのですが、結婚披露宴が昼間に行われるのなら、きらきら光る感じのものは避けた方がいいです。
逆に、結婚披露宴が夕方から行われるのであれば、少し派手な感じの物のほうが良いです。
結婚式の指輪で、一番上品でふさわしい指輪が真珠の指輪です。
真珠といっても、種類がありますが、国内で取れる淡水パール・真珠、黄金色の南洋パール。
タヒチ産の黒パールだけは、避けたほうがいいです。
カリブ海でとれるピンク色をしたコンクパールはいいです。