結婚披露宴では、どんなBGMを流すの?

結婚披露宴でながれるBGMは、披露宴を盛り上げるのに、とても大切な要素です。
だからといって、ボリュームを大きくすればいいというものでは、ありません。
全体的に、BGMのボリュームは、下げて静かな雰囲気にするほうがいいです。
BGM選びは簡単なようであって、意外に難しいです。
新郎・新婦が、自分たちで気に入った曲を選ぶという人が多いです。
その場に、ふさわしくない曲だとその場の雰囲気が壊れます。
その場その場のシーンに応じて、選曲しましょう。
若い人が良く選ぶ曲には、たいがい歌詞が入っていますが、結婚披露宴では、ほとんど、歌詞なしのBGMが流れます。
特に、スピーチが読み上げられる場面では、トーンを落とし、静かなBGMが流れます。
いろいろなシーンを盛り上げるBGM、必ず音楽が流れるときは、新郎・新婦入場のときです。
結婚披露宴の新郎新婦入場曲は、エンヤのOnly Time、スマップの世界にひとつだけの花、など乾杯のときもかかります。
発声の合図とともに音楽が流れます。
ウェディングケーキ入刀のときも流れます。
ケーキ入刀と同時に流す曲は、イントロがなく、直接、曲がはじまるようなBGMを流しましょう。
ケーキを口に入れた瞬間には、曲を変えたほうがいいです。
その場の雰囲気が変わり。
盛り上がります。
花束贈呈のときや退場のときも音楽が流れます。
印象に残るいい曲を選ぶのは、もちろんのことですが、乾杯とケーキ入刀のときのBGMが肝心です。
乾杯のときは、「乾杯!」という掛け声が入ります。
その瞬間に、印取るなしの極イントロなしの曲を少しボリュームを上げて、いきなり流します、ケーキ入刀のときもそうです。
ケーキ入刀のときもそうです。
ケーキに入刀する瞬間に流します。
静かな曲よりも、活気がある曲がいいです。
ポップス長調の曲でもいけます。
瞬間でなくても、数秒後でも、音楽が流れるタイミングが大事です。
花束贈呈のときのBGMは、クラシックな、ピアノ演奏曲のように静かな曲が合います。
退場するときは、静かな曲でもポップス調の曲でも、どちらでもいけます。