結婚披露宴の招待状は?

結婚が決まれば、結婚式の招待状をおくりますが、結婚式、披露宴に呼ぶ人は、自分たちと関係のある人を呼びましょう。
友人・知人・会社の上司など、両親の友人や親戚が多くなると、どうしても格式張った感じになります。
また、新郎と新婦側の招待客のバランスを考えることも大事です。
新郎側は、友人や知人が多いのに、新婦側は、親族ばかりというのは、アンバランスで、ぎこちない感じがします。
招待状を送る前に、招待する人の人数も決めておく必要があります。
結婚披露宴に招待する人を決めるのには、結構時間がかかる作業なので、新郎・新婦・両親とのとの打ち合わせが多くなります。
 招待状の発送は、早めのほうがいいのですが、だいたい結婚披露宴が行われる日の2ヶ月前くらいがいいです。
結婚披露宴の招待状を発送しても出欠のチェックをしなければなりません。
招待した人からの返信が遅れるということも考えられます。
期間にゆとりを持たせたほうがいいです。
結婚披露宴の文面はだいたい式場で用意されているものを使うのが一般的です。
場合によっては、本人同士が希望する文面を添えることもあるようです、招待状の連名は、たいがい親の名前になっていますが、最近では、結婚する本人同志の名前が書かれてある招待状が多いです。
招待状を自分たちのオリジナルなものにするのもいいです。
今は、パソコンとプリンターがあれば、すぐに招待状をつくることが出来ます。
文字の色を変えたり、文字のスタイルを変えるだけでも違った雰囲気がでます。
招待状から受ける、結婚披露宴のイメージは強いです。
招待状がカジュアルなものだと、招待客の服装もカジュアルなものになり、招待状が格式ばった硬い感じで、きちんと印刷されているものだと、招待客の服装もフォーマルなものになります。
招待状から受けるイメージは大きく、とても大事です。
招待状を発送するときも注意することがあります。
返信用のはがきには、忘れずに、ちゃんと切手を貼ってあるのかなど。