結婚披露宴のご祝儀の金額は、いくら?

結婚披露宴に呼ばれたら、祝儀の金額をいくらくらい、包んだらいいのか迷います。
一般的に、 結婚式に出席する場合いは、3万円です。
夫婦そろって出席する場合だと、5~10万円です。
子供は、大人の半額くらいで、1万円くらいが一般的です。
新郎新婦と親しい間柄だと大目に包むことが普通ですが、友人や会社の同僚なら、だいたい2~3万円くらいです。
学生で負担が大きいという場合は、友人同士グループで渡す方法もあります。
会社の上司や恩師には、3~5万円で、親族だと5~10万円くらいです。
祝儀袋は、包む金額に応じたものを選ぶようにします。
中身の金額の割りに豪華な祝儀袋では、釣り合いが取れません。
だいたいお祝い金が1~3万円の場合は、3円~500円くらいのご祝儀袋がいいでしょう。
お祝い金は、必ず、新札を使いましょう。

もしも、結婚式に出席できない場合は、現金書留で、お祝い金を送ります。
人に預けて、渡してもらうのは、とても失礼にあたります。
だいたい、結婚式の一週間前までに、送ります。
結婚式には招待されていない場合でも、相手方との関係にもよりますが、5千円~1万円くらいです。
 
会費制の結婚式の場合、基本的のお祝い金はいらないので、ご祝儀袋も要りません。
結婚式当日、受付で、会費を支払います。会費制の場合、お祝い金よりもお祝いの品物を送るのが、一般的な慣わしになっています。

お祝いの品物とお祝い金と両方贈る場合もありますし、お祝いの品物だけ贈るという場合があります。
相手との関係にもよりますが、生活していく上で役に立つもの、ほんとに喜ばれるものを贈ります。
お祝いの品物を贈る場合は、結婚式当日の10日~1ヶ月前までに贈ります。
結婚式に出席された方へは、引き出物でお返しできるのですが、結婚式に出席されなかった方へのお返しのマナーは、結婚式の後1ヶ月前までにすませます。
お祝い金をいただいていた場合は、金額の2分の1, 3分の1くらいお返しします。