結婚披露宴でスピーチを頼まれたなら

結婚披露宴でのスピーチを頼まれたら、話すポイントとしては、
新郎・新婦を引き立てるように話すことと、
披露宴の雰囲気が盛り上がるように話すように心がけます。

スピーチを頼まれた人は、だいたい、新郎・新婦と親しい間柄の人です。

たとえば、会社の上司・同僚、友人・知人など。


スピーチを頼まれたら、 何度も練習しておきましょう。

初めてスピーチするのなら、原稿のメモ用紙を見ながらでもいいです。

結婚披露宴でのスピーチは、使ってはいけない言葉がいくつかあります。

悲しい言葉や不吉な言葉など普段何気なく使っている言葉でも、
結婚披露宴では、ふさわしくない言葉があるので、注意する必要があります

もしも、友人代表として、スピーチを頼まれたら、新郎、新婦についての思い出話などが一般的で、
恋愛話や政治など、硬い話題は避けたほうが良いです。

暗い話、会社の宣伝や自慢話もタブーです。

招待された人が、楽しんで、聞けるようなことを話すと良いでしょう。

だいたい、スピーチの時間は3分くらいで、長々と話すとあきますので、ポイントを抑えて、リズミカルに話すことが大事です。

スピーチの流れとしましては、まず、お祝いの言葉を述べてから、簡単な自己紹介を述べます。

新郎・新婦とは、どのような間柄なのかも話します。
その後、新郎・新婦とのエピソードなど話した後、お祝いの言葉と励ましの言葉で締めくくります。


もしも、新郎・新婦の会社の上司だったとしたら、だいたい友人代表のスピーチと同じなのですが、説教じみたことは話さないことです。

会社の上司だと、人生や仕事においても先輩なのですが ついつい話したくなりますが、この場では避けるべきです。
会社の紹介もほどほどに短く説明することです。

あくまでも結婚するお二人を祝福する言葉中心にスピーチすることが大事です。

普段見れない、新郎・新婦の仕事先での出来事など、良い点など話すのがいいです。