結婚披露宴・心のこもった演出は?

一生に一度の晴れ舞台です。
心に残る結婚披露宴にしたいです。一つ一つの結婚披露宴にアイデアを盛り込んでオリジナルの結婚披露宴にしましょう。たとえば、スピーチのサプライズです。
たいがい、新郎の会社の上司です。
新郎・新婦の甥っ子か姪っ子、子供に乾杯をお願いするのもいいです。子供だと雰囲気が和みますね。

ウェディングケーキ入刀のときも、一工夫してみてはいかがでしょうか?
たとえば、霧がかかったみたいに、スモークをたくとか。
あまり濃く炊くと、新郎・新婦が見えなくなることもあるのでご注意を。

こんなこともユニークでは? 両家のご両親といっしょにケーキ入刀するのは、いかがでしょうか?
新郎新婦のケーキのほかに、もう二つ小さいケーキを用意します。
新郎のご両親の分と、新婦のご両親の分も。
6人、いっせいにケーキ入刀を行うというのも、なかなかユニークです。
これは、両親が結婚式を挙げていなかったり、
和式の結婚式で、ケーキ入刀がなかったということで行います。
ちょっと、恥ずかしさもあるかもしれませんが、感動的で心に残る演出です。

また、子供が、新郎・新婦に花束をプレゼントするというアイデアもあります。
花束を受け取った新郎・新婦からは、お礼として、おもちゃなど、子供が喜びそうなものを渡します。
新郎・新婦がゲストと写真を撮るというのもいいですよね。
集合写真と違って、ほんとに思い出に残りそうです。
各テーブルを回って、ゲストと写真を撮ります。
カメラを取ってもらったお礼に、ちょっとしたプレゼントを手渡すというのもいいです。

また、新郎・新婦が入場するとき、入り口から入場するのではなくて、テラスがあれば、テラスから入場するというのは、いかがでしょうか?
会場の照明を落とします。晴れた日は最高です。
日の光がテラスから差し込んでいます。
日の光の中から、新郎と新婦のシルエットが浮かびあがってきます。
なかなか、クールで粋な演出です。

打ち合わせをしていないゲストに、スピーチをしてもらうというのもあります。
新郎・新婦がマイクを持っていくと、さらに効果大。
突然のことなので、どんな話が、飛び出すのかも楽しみです。
でも、結婚披露宴なので、話す相手を選ぶことが大事です。
あまり、突拍子なことを言いそうな人は、避けるべきです。