結婚披露宴の祝電

結婚披露宴に招待を受けたのに、事情があって欠席する場合、
どのようにお祝いすればいいのでしょうか?

お祝いの品を贈ったり、あるいは、お祝い金を送ったりする方法もありますが、
祝電でお祝いの言葉を贈るという方法もあります。
心に残る、祝電がたくさんありますので、結婚披露宴に出席できなくても大丈夫です。
祝電は後々、形として残るものなので、本当に喜ばれます。
結婚披露宴に出席できない時はぜひ、祝電でお祝いしてあげましょう。
ユニークな文面だと、さらに思い出に残ります。
祝電の宛名も、新しい宛名にするのか、旧姓でいいのか迷いますが、
祝電の宛名は、旧姓で送るのがマナーです。

祝電の文面も、心のこもった、印象に残るものにしたいです。
文面のレイアウトをちょっと変えるだけでも、違った印象に。
文面の最後に花言葉を添えても、なかなか、おシャレな電報になります。

祝電を送ってもらった新郎・新婦にすれば、送られてきた祝電は全部読みたいのでしょうが、読み上げる時間がなく、全部、読めない場合は、どうすればいいのでしょうか?
披露宴の招待客が会社関係の人が多い場合は、会社に関係のある祝電を読み、
友人・知人が多い場合は、友人からの祝電を読みます。
このようにすれば、ゲストに関係のある人からの祝電だと、ゲスト同士、話が盛り上がります。
披露宴の雰囲気も和みますよね。

祝電といえば、NTTですが、最近では、あらゆる会社から、祝電のサービスがあり、
内容も、とても充実しています。
祝電の文面だけでなく、いろいろなタイプのものがあります。
ポプリを飾ったフォトフレーム式のもの、ぬいぐるみがついているものなど、
ほんとに見ていても楽しく思い出に残るものです。

たとえば、ECO電報、カタログ電報、インテリアアート電報など。
オルゴール電報もあります。心に残る電報がたくさんあります。
結婚披露宴に出席するよりも印象に残るのではと思うほどです。